フェイスブックお問い合わせ
  トップページ初めての方へ作品一覧オーダーについてスタジオについて
  婦人服オーダーメイド婦人服オーダー・カジュアルライン着物リメイクリメイク/リノベーションスカーフリメイク紳士服オーダーメイド
 
山村ドレス工房 > 作品一覧 > リメイク/リノベーション


 

 

よみがえらせること ・ 最後まで装うこと

山村洋デザインスタジオ リメイク/リノベーション山村洋デザインスタジオ リメイク/リノベーション山村洋デザインスタジオ リメイク/リノベーション山村洋デザインスタジオ リメイク/リノベーション山村洋デザインスタジオ リメイク/リノベーション


デザインが古くなったり、サイズが合わなくなった、大切な洋服をお持ちではありませんか?

リノベーションというのは主に建築の世界で使う手法ですが、ファッションにも当てはめるの事が出来るのではと考えています。
気に入って買ったのに着なくなった服や、思い入れがあって捨てられない服。
そんな眠った服にリフォームや修理という昔からある技術にデザインの力を組み込むことが出来れば、また新たな生命を吹き込むことが出来ます。

方法は、ボタンの付け替えや、ちょっとした丈や幅などのバランスで印象を変えたりするものから、全体を完全にバラバラにして一から作り直すものまで。
また、他の生地や装飾する部品を新たに組み合わせてデザインすることも出来ますので、可能性は実に様々です。

リノベーションによって全てが再生される訳ではありませんが、長く愛されてきた服を再生させて大切に装い続けるというのも、現在の楽しみ方の一つなのではないでしょうか?



作品例
ラグランスリーブの毛皮のジャケットで、おそらく1980年代あたりのものと想像しますが、とても肩幅の大きくて、シルエット変更と、裏地の取り換えをしました。
巨大な肩パットを外し、襟元を除く袖付け部分を完全に取り外し、袖と見頃を細くし、袖付け線を全面修正し、後ろ見頃の丈を少し出しました。
あとは新しい裏地と取り換えて完成です。

山村洋デザインスタジオ リメイク/リノベーション

山村洋デザインスタジオ リメイク/リノベーション



作品例
同じワンピースどおしですが、完全にバラバラにして作り直しました。
「裾の配色がお気に入りなので、そのまま使いたい」という、ご要望でした。
幸い、元のワンピースのスカート部分の幅が広かったので、残った布を袖口部分に利用。
この時代のワンピースは、袖幅は広くてそのまま再利用可能なことが多いのですが、問題なのは見頃部分で、今回は前身頃を襟口、後ろ見頃はそのまま後ろ見頃、スカート部分の残った部分を前身頃に再構成しました。

山村洋デザインスタジオ リメイク/リノベーション

山村洋デザインスタジオ リメイク/リノベーション



作品例
コートとスカートとの組み合わせを、スカートの生地を部品として利用して、少し短めのコートにしました。
胸ポケットを前身頃ごと切り取って、下にボタン用玉縁を追加。
スカートの生地は、大きな襟と袖が短かったのでカフス風にデザインしました。

山村洋デザインスタジオ リメイク/リノベーション

山村洋デザインスタジオ リメイク/リノベーション



作品例
ワンピースのシルエットを、ほとんどの個所で直した、大規模なリメイクです。
丈をつめた残りの生地を、ウェストの切り替え部分に利用しました。

山村洋デザインスタジオ リメイク/リノベーション

山村洋デザインスタジオ リメイク/リノベーション



作品例
「スーツをワンピースに」とのご依頼。
基本的には、ローウェストの切り替え線でジャケット・スカートの不要部分を切り離して、縫い合わせる作業ですが、それぞれの分量の調整、肩幅・袖幅の修正、袖付けのやり直しなど大幅なリノベーションを行いました。

山村洋デザインスタジオ リメイク/リノベーション

山村洋デザインスタジオ リメイク/リノベーション



作品例
1990年代頃の物と思われるジャケット・スカート。
寸法が足らなくなったことと、シルエット・デザインの見直し。
スカートの生地を襟や裾などの部品にし、他にも袖や身頃にシルエットを大幅変更しました。

山村洋デザインスタジオ リメイク/リノベーション

山村洋デザインスタジオ リメイク/リノベーション



作品例
1990年代頃の物と思われるジャケット・スカート。
寸法が足らなくなったことと、シルエット・デザインの見直し。
スカートの生地を襟などの部品にし、他にも袖や身頃にシルエットを大幅変更しました。

山村洋デザインスタジオ リメイク/リノベーション

山村洋デザインスタジオ リメイク/リノベーション



作品例
1990年代頃の物と思われるジャケット・スカート。
寸法が足らなくなったことと、シルエット・デザインの見直し。
スカートの生地をパネルなどの部品にし、他にも袖や身頃にシルエットを大幅変更しました。

山村洋デザインスタジオ リメイク/リノベーション

山村洋デザインスタジオ リメイク/リノベーション



作品例
ワンピースを、スカートにリノベーションしました。
もともと、縫い目の多いワンピースだったので、それぞれの縫い目を少しずつ細くしてウェストサイズに合わせました。
身頃の残りの表布をウェストの見返しとして利用、裏布でハンガー用吊るし紐を作りました。

山村洋デザインスタジオ リメイク/リノベーション

山村洋デザインスタジオ リメイク/リノベーション



作品例
ブラウスとスカートを、7分袖のブラウスにリノベーションしました。
スカートは解体して、袖などの部品として利用しました。
もとのブラウスでは、身頃が細すぎるのですが、構造上の問題で裾にあったタックを解くことができません。
そこで、タックの縫い目を延長してダーツにし、それでは更に細くなってしまうので、スカートから取り出した部品をパネルとして組み込みました。


山村洋デザインスタジオ リメイク/リノベーション

山村洋デザインスタジオ リメイク/リノベーション



作品例
お母様が着用されてたジャケットとスカートを、ワンピースにリノベーションしました。
元のジャケットとスカートを完全に解体して、一から作り直した物です。
ジャケットの後ろ身頃がワンピースの前身頃に、前身頃が後ろ身頃に、ジャケットのヨークがワンピースの襟の見返しになりました。


山村洋デザインスタジオ リメイク/リノベーション

山村洋デザインスタジオ リメイク/リノベーション



作品例
ダブルフェースのコートをジャケットにリノベーションしました。
元のコートを完全に解体して、一から作り直した物です。
ポケットとボタンの部分に穴を開けていますので、切り替えが多くならざるを得ませんが、それを解決するのがデザインのチカラです。

山村洋デザインスタジオ リメイク/リノベーション
山村洋デザインスタジオ リメイク/リノベーション



作品例
写真がありませんが、元は、一重の上着でした。
前身頃が後ろにまわったり袖が前身頃になったりと、パズルを組み立てるような感覚でリノベーションしました。

山村洋デザインスタジオ リメイク/リノベーション
山村洋デザインスタジオ リメイク/リノベーション



作品例
昔、お客様がオーダーメイドで作られたブラウスです。
シルエットが時代に合わなくなってしまったので、袖を一度完全に解いて、元々あった袖付け(肩)のギャザーを止め、カフス(袖口)の部分はギャザーをタックに変えると同時に、肩幅を少し小さくしました。
むやみに流行を追うことはお勧めしませんが、シルエットには流行があるようです。

山村洋デザインスタジオ リメイク/リノベーション 山村洋デザインスタジオ リメイク/リノベーション



 
トップページ | サイトマップ | ギャラリーサイト
(C) 2017 このサイトの掲載内容の無断転載を禁じます。すべての著作権は山村ドレス工房に帰属します。
トップページ inserted by FC2 system