フェイスブックお問い合わせ
  トップページ初めての方へ作品一覧オーダーについてスタジオについて
  オーダーメイドの流れ技術紹介価格表  
 
山村ドレス工房 > オーダーについて > 技術紹介
 

 



山村ドレス工房では、洋服をこのような考えで作っています。


やわらかく見える形

実際の服の硬さ柔らかさは、使う生地と裏側の細工で大半が決まってしまうので、形によって変わるわけではありません。
でも、出来上がってみると、硬く見えるたり柔らかく見えたりします。
もちろん、全体的なデザインによって違って見えることもありますが、細かいことの積み重ねが重要だと思います。
デザインや素材は様々なので、全ての服を、柔らかく見えるように作るわけではありませんが、細やかなこだわりを大切にしています。


写真・左 
オーダーメイドで使用した型紙です。
型紙は、設計図というよりはデッサンに近い感覚で描いているので、曲線はフリーハンドで描く時もあります。
大量生産には不可能な方法ですが、一着を作るためには良い方法だと思います。

写真・右 
柔らかい線は、柔らかい筆記具から生まれるように思いっているので、型紙を描く時の筆記具と、デザイン画を描く時の筆記具は同じです。
シャープペンシルではなくて、芯の太いレッドホルダーを愛用しています。
右の玉は縫い針専用の針刺しで、サンローランの仕事をしていた時に、当時の生地で作ったものを、ずっと使っています。
我ながら、物持ちがよいなあ。

 技術解説01 技術解説02


写真・左 
接着芯の貼り方や縫い代の付け方は、表地やデザインによって毎回少しずつ違いますが、極端な違いはなく、接着芯と伸びを抑制するテープを併用しています。
このテープは 「伸び止めテープ」 というように、主な目的は生地が伸びて形が崩れるのを防ぐ役割です。
形が崩れること自体は良いことではありませんが、無理に固定せずに伸びるにまかせた方が良い所も沢山あるので、必要最低限の使用に止めています。

写真・右 
このテープを使うもう一つの目的に、端の部分に少し厚みを持たせることによって、質感を高めるということがあります。
仕上りを薄くしたい場合は、他の方法をとることもありますが、端の部分は、ある程度の厚みを持たせることが多いです。


  技術解説03 技術解説04



裏側も完結させる

表から一見すると同じデザインでも、裏側をどのように作るかによって、かかる手間はずいぶんと違ってきます。
でも、なんでも手間をかければ良いかというと、そんなことはありません。
簡単なことは簡単に済ませた方が良いことも沢山あります。
手仕事が必要なところは手を使って作りますが、あまり手仕事が目立ちすぎるのも良いことではないように思います。

大切なことは完結させることで、細部にわたって 「何故こうしたか?」 ということを日々自問し続けてています。
このようなことが、服の姿を一変させるわけではありませんが、細かな所のこだわりの積み重ねることが、結果として全体的に良い雰囲気をかもし出すように思っています。


写真・左 
見返しの裾の部分です。この方法が、最も裏表双方がきれいに仕上がると思いますが、薄い生地だと他の方法にするかもしれません。

写真・右 
比翼仕立ての裏側(表からボタンを見えないようにする技術)です。比翼仕立てはどうしても境目が表から判ってしまいがちですが、この方法ならキレイです。
これも、薄い生地などには採用できない可能性がありますが、その場合は、他の技法にするか、デザインを変えるか、全体を見て最良の方法を選択しています。


  技術解説05 技術解説06
 



トップページ | サイトマップ | ギャラリーサイト
(C) 2017 このサイトの掲載内容の無断転載を禁じます。すべての著作権は山村ドレス工房に帰属します。
トップページ inserted by FC2 system